メニュー ホーム

生涯の運命を知ることができて、最強のお守りを受け取れるセレモニー

こんにちは。

今回は日本ではあまり知られていないスピリチュアルな儀式(セレモニー)のご紹介です。

自分専用のハンド・オブ・イーファー(お守り)を受け取るセレモニーとなります。

このセレモニーを経た者には緑と黄いろのビーズを使ったブレスレットを左の手首に着けられ

このブレスレットが(外的刺激なく)勝手に壊れてしまったときには、何かの前兆の可能性が高く

リーディングで確認する必要があります。

私は7年ほどつけていますが壊れることはなかったです。

このセレモニーはお守りを受けたいからと言って、

行ってくれるセレモニーではありません。

その人に適するタイミングが来たら、リーディングのサインに現れるので、定期的にリーディングをしていくとリーダーに伝えられます。

早い人はお母さんのおなかにいるときから行われる人もいます。

友人のベイビーちゃんは一歳にもならないうちからセレモニーが必要と言われていました。

 

このセレモニーの目的:

  • 持っているもの全てを失っても、全てを取り戻してくれるお守りをいただける
  • 生涯のメッセージを受け取れる
  • メインの守護天使を知ることができる
  • お守り

    このお守りは常に持ち歩くものではなく、普段は自宅に保管して月に一度ケアが必要になります。

    海外旅行の際は必ず機内持ち込み用のカバンの中に入れるように言われました。

    家が火事になったら、現金よりも何よりも先に火事から守るべきものはハンド・オブ・イーファと言われるほど大事にするべきお守りで、

    失ったものはすべて取り戻してくれると言われています。

    そういわれると、とてもパワーがあるお守りですよね。

    生涯のメッセージ

    普段のリーディングで受け取るメッセージは訳2-3週間分のメッセージなんですが、

    ハンド・オブ・イーファで受けとれるメッセージはこの人生ずっと適用されるメッセージを伝えられます。

    生まれ持った運命と今後に悪影響を及ぼす運命を避けるための情報などを知ることができます。

    人によって全く違う情報で

    時には将来の希望を得たり

    過去のトラウマを理解できたりします。

    このセレモニーで出たサイン次第で次のステップのお守り(イニシエーション)が必要になるかどうかを分かるときもあります。

    守護天使

    メインの守護天使を知ると、より自分のことを理解できるようになり、何か問題が起こった時にの対処をしやすくなります。

    メインの守護天使次第でその人の特徴・特技・性格も決まると言われているほどです。

    私は特に実感はしていなかったのですが、

    自分と同じメインの守護天使の人と話すととても居心地がいいことは強く思いましたし、

    同じ欠点を持っているなとも実感しました。

    最後に

    ヨルバの伝統は関われば関わるほど奥が深いです。

    人によって生まれも、歩んできた人生も、これからの人生も全く違うので、

    タイミングもジャーニーも人それぞれです。

    シカゴやキューバに行くといろんな人のヨルバのリーディングやセレモニーをするようになった経緯を聞けるし、その後に良くなったことも聞けます。

    日本ではまだあまり知られていない伝統ですが、合う人にとってはとても役に立つ伝統だと思ったので紹介してみました(*^^)v

     

    カテゴリー:スピリチュアル 未分類

    タグ:

    AwinLade89898

    亡き母との縁からの始まりでヨルバ歴10年。日本の方にもリーディングの良さを広めたく、ブログをはじめました。

    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。