メニュー ホーム

チャネリングの体験談

こんにちは。さくらです。

皆さんは不思議な体験をしたことはありますか?

本当にそんなことができるの?インチキじゃないの?と思っている方もいるかもしれません。

自分の目で見ないと・実際体験しないと信じられないと思う方は多いと思います。

私もその一人でした。

なので、今回は私が初めてスピリチュアルの存在を体験したチャネリングのお話です。

チャネリングでもいろんな方法があるらしいんですが、

私が体験したチャネリングは降霊型のチャネリングシャーマンに死霊や神霊が乗り移るように招き入れ、メッセージを伝えてもらう方法でした。
チャネリング:経緯

普段から定期的にリーディングをしてる私は年に一度ほど亡くなった母からリーディングを通して「メッセージがあるのでチャネリングしてほしい」と伝えられます。

リーディングに関してはこちらから

シャーマンの紹介

私がお世話になってるシャーマンはメキシカン系のアメリカ人女性。

ジュディーさんという年配の方です。

英語も話せるんですが、チャネリングではスペイン語の方が使いやすいようでスペイン語でメッセージを伝えてくれます。

私のリーディングをしてるババラオの奥さん(チーキーさん)がシャーマンの助手として参加してくれます。

そして、スペイン語から英語にも通訳してくれます。

私は今のところ三回ジュディーさんにあってるんですが、

  • 一回目:ジュディさん宅(亡くなったババラオの友人のためのチャネリング)
  • 二回目:ババラオ宅(亡くなった私の母のチャネリング)
  • 三回目:ババラオ宅(同じく私の母のためのチャネリング)
  • ジュディさんの家にはたくさんの大型の人形で飾られていたのが印象的でした。

    ジュディーさんの家ではリヴィングルームでチャネリングが行われます。

    チャネリングするときには必ずテーブルを真っ白な布でかぶさり、その上には生花、キャンドルとチャネリングを希望した死霊の写真が用意されます。

    テーブル手前の床の上には桶のような容器に洗礼するための液体が入っていました。(ほんのり香水のようないいにおいがしましたよ)

    チャネリングをしてもらうメインの人はこのテーブルの前に座ります。椅子の下にも何か置いてあったけど、何だったか忘れました(泣)。

    参加者はその周りに座ります。シカゴではチャネリングが行われるときはジュディーさんやババラオの知り合いも参加自由なんだそうです。参加することによってメインにチャネリングしてもらう人じゃなくても、参加者の守護霊等からのその参加者宛てのメッセージが伝えられます。

    チャネリングの過程

    他の方とチャネリングしたことはないので、あくまでも、こちらは私が体験したチャネリングの過程です。

    オープニングの祈り

    スペイン語でした。祈りによっては本を見ながら唱えてました。シャーマンのジュディーさんとアシスタントのチーキーさんの二人で唱えます。

    その間ほかの参加者は白のテーブルを囲む形で座り、黙祷します。

    参加者全員のクレンジング

    唱え終わったら、シャーマンたちも含め、参加者全員いいにおいする洗礼水のようなものでスピリチュアル的に体のクレンジングをします。

    やり方は前の人を見て覚えてまねるだけなんですが、両手をその水に入れて、手を洗うようにし、手についた水で首の裏体の全面と背面を上から下まで両手をサッと通します。最後には軽くパンパンパン!と手をたたいたらクレンジング完了。

    チャネリング開始

    シャーマンのジュディさんはまた何かを唱え始めます。

    唱えていくうちに、ジュディさんの様子が変わります…

    それが死霊が乗り移った瞬間だと思うんですが、ジュディさんの表情も話し方も変わります。

    誰についてる霊が先に乗り移るかは特に決まっていないようで、参加者の座る位置なども順番に関係なかったようでした。

    でも、メインにチャンネルしてもらってる人の霊が一番最初に乗り移るわけではありません。

    三回目のチャネリングで言われたこと

    さて、私が直接言われたことをいくつか公開します。

    最初は母からのメッセージ「お供え物等を定期的にしてもらってから心が安らかになったよ」、「今私にしてることを続けてね」、「いつもそばにいるよ」等。以前は他界してからもうつ状態だったらしいんですが、今はもう大丈夫だよと伝えられました(*^^)v

    (二回目のチャネリングで言われたことの方が私の母からのメッセージだと分かるもっと具体的で衝撃的なメッセージだったのですが、人さまには言えないプライバシーに関わる衝撃的なことなので、控えさせてもらいますね)

    母からのメッセージの後には、私の守護天使のエシューからのメッセージ。この時ジュディーの表情が私のエシューの置物とそっくりになっていて、びっくりしました!ジュディーさんは私のエシューを見たことすらないから!

    エシューからも母に言われたことと似たようなことを言われました。「今エシューにやってることを続けてくれ」「いつもさくらの味方だよ」と。

    そして、ジュディーさんが直接見たものについて。シカゴに行く直前に韓国に寄ってからシカゴに行ったのですが、「韓国で良くないスピリットに取りつかれてしまったから、シカゴを出る前には除霊が必要」とも。

    そして、シカゴの後は仕事でニューヨークのイベントに参加する予定だったのですが、「ニューヨークに行くときにはwitchcraft(魔女)に気を付けて!」と。なので、ニューヨーク滞在中は魔女っぽい女性には注意払ってましたが、無事帰国できました。(2019年9月の話です)

    そして、ジュディーさんは「お爺ちゃんスピリットがあなたの肩に毛布を掛けてくれてる」、「守ってくれてる」と。母方の祖父かなと思ってます。

    その後は友人のこと。「しばらく連絡とってない仲良かった友人から連絡が近いうちにある。そして、また仲良くなれる」、「その子も同じババラオにリーディングしてもらってる子でとてもクレイジーな子」「彼女は道に迷っていたのかもしれないけど、また友人関係になれる」、「もし頼られたら、必ず彼女を助けるように」と。

    クレイジーでリーディングしてる子と聞いたらすぐにどの友人だか私もババラオも分かりました(^^) チャネリングの数か月後にその子と再開しました。数年ぶりに会いましたが、今はすごく落ち着いたように見えました。

    チャネリング後

    チャネリングが終わったら、質問タイムになります。普段はリーディングで質問してる私にとって、チャネリングでの質問は今のところ準備したことがありません。なので、その質問は誰に向かっての質問で、どのようなことが聞けるのかは分からないこともあり、ニューヨークの魔女事情について聞きました。

    ジュディーたちの魔女の定義とは「スピリチュアルな力を使って人を傷つける人たち。」だそうです。

    スピリチュアルなパワーはいいことにも悪いことにも使えてしまうから、悪いシャーマン・ババラオもいるので気を付けてくださいね!

    質問が終わったらみんなで持ち寄った軽食や飲み物を楽しみながら雑談し、プチ飲み会が始まります(*^^)v

    次のチャネリングの予定

    数か月前のリーディングで母にチャネリングしてほしいと言われてるので、コロナが落ち着けばまたジュディーさんにお願いしようと思っています。電話でもできるんですが、私は直接チャネリングしてもらいたいのであと数ヵ月待ってみます。

    日本語のチャネリングならこのサイトに登録して電話でチャネリングができるので、興味ある方はどうぞ!

    電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結

    ジュディーさんにお願いしたい場合は、必要であればチーキーさんの後に私が日本語に訳します^^。

    以上私のチャンリング体験でした。チャネリングは目の前で科学的には説明できない不思議なことが起こります。実際体験してみないと、伝わらないこともあると思うので、質問等あれば聞いてください。

    最後までありがとうございます!(*^^)

    カテゴリー:未分類 体験談

    タグ:

    AwinLade89898

    亡き母との縁からの始まりでヨルバ歴10年。日本の方にもリーディングの良さを広めたく、ブログをはじめました。

    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。