メニュー ホーム

[実話]出産直前まで逆子にへその緒が首に巻き付いた状態だったが自然分娩で後遺症も障害もなく母子ともに安全だった話(本人写真あり)

こんにちは。さくらです。

今回は出産と共に生じるリスクをスピリチュアル的に問題解決できた実話の紹介です。

出産した女性(サラさん)が出産前にスピリチュアルなセレモニーをしたきっかけは二十年ほど前に友人のトムさんのリーディングで「妊娠・出産に問題がある女性の知り合いがいるなら、このまま出産させたら危険だからババラオにできることがないか確認するためにもババラオのところに連れてきなさい」と。

スピリチュアル的に何かを解決する時はまずその時の状態を知らなければ、必要なヒーリング法が見いだせないので、その彼女(サラさんとしましょう)はババラオに(聖職者)リーディングしてもらいました。

サラさんにとってババラオとは初見で初めてのリーディングです。

私が愛用してるリーディングに関してはこちらから
信頼できるババラオの見つけ方はこちらから

因みに、この話は私のババラオに聞いた話です。

サラさんは当時三十代半ば未婚でババラオと同じくシカゴで一人暮らし。

妊娠8か月の時にババラオにリーディングしてもらいました。

そのときからおなかの赤ちゃんが逆子の状態で首にへその緒が首に巻き付いていることは知っていました。

赤ちゃんを授かったと分かった時から父親がいないまま生まれてきてしまう。

そして、サラさんはフリーランスで結婚式のカメラマンをしていたため、働きに出かけるときは赤ちゃんの面倒を見てくれる人もいないし、シッターに払うこともできない。

子供を産んでも育てられないという考えから、その赤ちゃんは産んでも養子に出す予定だったそうです。

リーディングの結果Ogunda・MejiというOdu(結果・サイン)が出たそうです。

つまり、赤ちゃんを産んだらサラさん自身で育てなければいけない。金銭的な面でも赤ちゃんの面倒を見てくれる人も現れるから大丈夫。今赤ちゃんが逆さまでいてへその緒が首に巻き付いているのは、赤ちゃん自信が「養子になりたくない」「お母さんに育てられたい」という意思の表れだと言われました。そして、母子ともに無事に出産できるようにセレモニーしなければいけないと。

サラさんは言われた通りすぐにセレモニーしてもらい。養子に出すこともやめる決心をしました。

出産前の最後の検査でも逆子状態と首に巻き付いてたへその緒は変わらなかったので、病院の出産チームは自然分娩ができなかった場合の帝王切開の準備をしていたそうですが、赤ちゃんは無事自然分娩で生まれてきてくれたそうです。

注)私は日本でもアメリカでもどこでも出産したことがないので、その辺の細かいことは知らないです…ご了承ください。

退院後、サラさんが仕事で出かけてるときはベイビーちゃんと家にいられる人がいるように数人の友人がみんなで住めるようにシェアハウスに引っ越してくれました。

そして、数か月後、職場であるとある結婚式である資産家の男性に気に入られ、お付き合いすることに。

その男性は赤ちゃんのこともかわいがってくれて、結婚することになりました。

そのベイビーちゃんは今大学生で歌手になる夢を持ってるのだそうです。

先日ババラオが20年ぶりに会ったと写真を送ってくれました。

左からその時のベイビーちゃん、ババラオの「ジム」、資産家のお父さん

きれいでかわいい方ですね!お父様も笑顔が素敵!お母さんのサラさんは写真には写っていないですが、今も元気だそうです。

ババラオの名前はジェームズですが、略してジムと呼ばれてることが多いんだそう。

撮影場所はリーディングとセレモニー用のジムの家の地下室です(*^^)v

リーディングに興味ある方はこちらも合わせて読んでみてください

最後までありがとうございます。

カテゴリー:リーディングの活用法 実話 未分類

タグ:

AwinLade89898

亡き母との縁からの始まりでヨルバ歴10年。日本の方にもリーディングの良さを広めたく、ブログをはじめました。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。