メニュー ホーム

効率的に自分に合った心理カウンセラーを見つける方法

悩んでいるとき、問題に対しての解決方法を模索してるとき、精神的に参ってしまったとき、あなたならどうしますか?

誰かに話したい!相談したい!と思うこともあると思います。

友人や家族に話せない場合、プロにお任せするのがお勧めです。

そんな時、信頼できる(親身になってくれて問題解決に導いてくれる)心理カウンセラーを探すのはとても難しいです。

調べたり紹介してもらったりして試していくのが一般的な方法です。

でも、そこまで気力がないとき、もっと効率的な探し方があります。

今回はリーディングを使って効率的に自分に合うカウンセラーを見つける方法についてのお話です。

リーディングとは何ぞや?!と思う方は先にこちらを読んでください

リーディング前の準備:

  • 求めてるカウンセラーについて考えてみる。女性or男性、専門、話す言語、学歴・資格、経験等
  • 通える範囲内のカウンセラーをリストアップする
  • 電話やオンラインでのカウンセリングサービスも調べ、リストアップする
  • 事によっては異性に話したくないこともあると思うので、カウンセラーの性別を気にするのは自然なことだと思います。

    また、話せる言語やそのカウンセラーが持つ経歴、心理学を勉強した国によってその方の知識は影響されます。なので、候補のカウンセラー一人一人のバックグラウンドを知ることが大事です。そのカウンセラーが心理学の勉強をした国の心理学の傾向を知っておくのも後々役に立つと思います。

    リーディングの際にはカウンセラーの姓名が分かればリーディングできます。リーディングではその人があなたにとっていい心理カウンセラーかどうか・心理カウンセラーとして信頼できる人かどうか聞くことができます。

    経験上、このような回答が考えられます。

  • 100%yes+理由
  • 100%no+理由
  • Yea,he/she is okay. (経験上、悪い人ではないけど若干癖がある)
  • この人はこういう〇〇人だから、私なら関りは持たない
  • いかがでしょうか?このようにリーディングをツールとして役立たせるのもありだと私は思っているのですが、実際経験してみないと本当かどうかはなかなか信じられないのも理解できます。

    いろいろ試してみて、それでも見つからない時にでも、そういえばリーディングという方法があったなと思い出してくれればうれしいです。

    興味を持ったり、質問があればお気軽にご連絡ください(*^^)v

    カテゴリー:リーディングの活用法 未分類

    タグ:

    AwinLade89898

    亡き母との縁からの始まりでヨルバ歴10年。日本の方にもリーディングの良さを広めたく、ブログをはじめました。

    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。