メニュー ホーム

ヨルバの守護天使:Obatala(オバタラ)

こんにちは。さくらです。

今回はすべてのガーディアン・エンジェル(守護天使)(Orisha)の父親的な存在のオバタラについてです。

イメージとしては真っ白で長い髪と髭と服装の落ち着いていて、ゆっくり話す杖を持ったお爺さん。

オバタラは平和と清浄のシンボルであり、神の中でも最も頭脳を働かせることを得意とし、落ち着いたOrishaだとされます。

人間が形成されるのもオバタラの力だと言われています。

そのため、裁判沙汰になった場合はオバタラにお供え物をすると良いのだそうです。

私のババラオ(聖職者・Priest)が実際経験したことなんですが、teenagerの頃に殺人罪で誤認逮捕され、ババラオのババラオにセレモニーをしてもらって、なんとか無罪になったそうです。

(「さくらさん!騙されてるんじゃないの?大丈夫?」と言われそうですが、最初はだれでも疑うと思います。ババラオに会ってみて、人柄とその周りの人を見れば、そんなことはないと誰でも気付けます。そもそも、人の裁判沙汰や問題ごとになんて普通関わりたくないですよね。)

ということで、自らお供え物する場合のためのリストです。

オバタラが好む食べもの:

  • ココナッツなどの実が白いフルーツ
  • 白のコーラナッツ(Kola nuts)
  • 牛乳
  • 卵白
  • エフン(白い卵の殻から作られたパウダー)
  • 白のヤム芋
  • カタツムリ
  • シアバター
  • 白米
  • 雌鶏
  • 雌ヤギ
  • 日本では手に入らないものもあるので、気軽に手に入れられるもののみで十分な場合とババラオに準備してもらいセレモニーをしてもらう場合があります。どちらがいいかは重大なことのためにはリーディングで聞く、そうでもない場合は自分がいいと思ったものを渡してもいいのだそうです。

    食べものではなくオバタラ用の歌やダンスもあるので、そういうことで敬意を表すこともできます。歌やダンスはまたいつかご紹介しますね。

    また、オバタラと関連する数字は8と24とその倍数なので、卵白を渡す場合は8個などとオバタラの数字でお供え物するとより良いと言われています。

    日本語はないですが、英語版のwikipediaの情報はこちらをクリック

    以上、かなり要約したオバタラの情報でしたが、検索すれば出てくる情報なので、こちらではあえて実用的な情報を発信してみました。最後までありがとうございます。

    カテゴリー:ヨルバの神 未分類

    タグ:

    AwinLade89898

    亡き母との縁からの始まりでヨルバ歴10年。日本の方にもリーディングの良さを広めたく、ブログをはじめました。

    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。