メニュー ホーム

ヨルバの守護天使:Eshu(エシュ)

こんにちは。さくらです。

今回はヨルバの数々の守護天使(ガーディアンエンジェル)(Orisha)の一柱であるEshuについてのお話です。

Elegua(エレグア)とも言われます。

イメージで伝えると、Eshuはお茶目で気分やな5歳の男の子っぽいOrisha。

「何でもあげるから、〇〇してください。」とEshuが欲しいものを渡せば何でもしてくれる一種の親友にもなってくれるし、Eshuのケアを怠ると言うこと聞いてくれるどころか逆襲もしてくる最悪の敵にもなれる。そのため、自分のEshuを持っている人は普段からEshuとはいい関係を持っておきたい。

自分のEshuを持つためにはReceiving Worriorsというセレモニーをババラオに行ってもらう必要があります。

Eshuの役割
  • 人間と神をつなげてくれる配達係(メッセンジャー)
  • 運命の扉を開く・閉ざす管理人
  • ヨルバのOrishaにはそれぞれの得意分野があり、私たちが何か困ったときにはその専門家にお願いすると効果を期待できます。

    例えば、ビジネスで成功したい場合はOya(オヤ)にお願いするんですが、単に祈ればいいというわけではありません。何かをしていただくためには、こちらからも何かを渡さければなりません。

    そして、私たちが直接Oyaとつながるのはできず、まず、EshuにOyaと連絡とれるように扉を開いてもらい、お願いしたいメッセージを伝えてもらいます。

    何かをしてもらうときはこちらも何を与えればいいのか聞きます。無償で役割を果たしてくれる時もありますが、それはリーディングまたはオビで聞くことができます。リーディングやオビができない環境や境遇にいるときはEshuやOyaの好きなものを渡すのも一つの方法です。

    Eshuの好きなもの パームオイル、たばこやたばこの煙、果物全種、ナッツ全種、煎りトウモロコシ、ココナッツ、雄鳥、雄ヤギ、ヤム芋
    Oyaの好きなもの ラム酒、赤ワイン、ナス、調理されたご飯と豆、梅、たばことたばこの煙、紫色のぶどう、雄鶏、雌鶏、雌ヤギ、プランテイン

    EshuやOya専用の歌やダンスもあるので、ものではなく歌やダンスをささげるのも良しです。

    そして、EshuやOyaがその時に欲しているものを私たちが持っていない、買えない場合はババラオにオファー(お供え物)してもらう必要があります。

    Eshuと関連する数字は1,3,21と奇数全般。色は赤と黒&白と黒の組み合わせ。

    Oyaと関連する数字は9。色はアースカラー、赤茶色、レンガ色。

    個人的なEshuとOyaとのつながり方

    私は自分のEshuを持ってから、約8年。Oyaを持ってから2年。

    今ではオビを使って毎朝Eshuにお供え物をして、その日のリーディングをしてます。オビを使うことによって、渡したものに満足してくれてるのか、他に欲しいものは何なのか、その日に注意するべきことは何なのか等分かるのでコミュニケーションをとることができるようになってからは、信じられなかったことでも信じられるようになりました。

    Oyaには二週間ごとに何をお供えるかを聞いてます。また、会社やビジネスのことで問題があるときも相談に乗ってもらってます。Oyaに何かを渡すときは、同じものを先にEshuに渡してからOyaに渡します。

    オビを使っていると、「今日注意するべきこと」も伝えてくれるんですが、ここ最近は「外出するな」「外食するな」とコロナの影響はこちらにも出ています。

    信じるか信じないかは別として、言われたことは守ったほうがいいです。

    何回か守らずに過ごしたら、後悔する羽目になるだけなので。後悔する率100%!そういう話はまたいつかしますね。

    最後までありがとうございます。

    カテゴリー:ヨルバの神

    タグ:

    AwinLade89898

    亡き母との縁からの始まりでヨルバ歴10年。日本の方にもリーディングの良さを広めたく、ブログをはじめました。

    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。